映画「若者たち」

2017年02月09日 18:59

「若者たち」

毎日みなさまにご報告するだけでご覧いただけない文芸坐三浦館の上映ですが、
本日上映した作品は、或る年代の方たちには懐かしい「若者たち」であります。

元々、フジテレビ製作の連続テレビドラマでしたが、それをリメイクし俳優座が製作した
1967年公開の映画「若者たち」三部作であります。

若者たち」は、
長男・田中邦衛、次男・橋本功、三男・山本圭、長女・佐藤オリエ、そして、
四男・松山政路という5人兄弟が主人公の物語です。

次男役だった橋本功さんは、既に亡くなられましたが、
ご一緒に別府旅行をしたことがありました。

三男役の山本圭さんは、地人会公演「はつ恋」という作品で、
旅公演をしていただきましたし、主人公・島村抱月の故郷である、
島根県浜田市に在る島村抱月のお墓参りにも同行しました。

四男役の松山政路さんも地人会の常連俳優でした。
水上勉作、地人会公演「はなれ瞽女おりん」という作品は、初演は五月舎製作でしたが、
初演時にはうちのかみさんが出演していたこともあって、以来仲良くさせていただいています。
その松山政路さんも「若者たち」では5人兄弟の末っ子役でしたが、ことし70歳になられます。


さて、
映画「若者たち」の原作・脚本は山内久さんですが、山内久さんはむぅむぅ(義父)の親友の一人でした。
「よくいっしょに遊んだ」というむぅむぅですが、「なにして遊んだんですか?」と訊ねたら、
「金がないからさ、話すばっかり」と応えました。

映画に登場する学生たちが議論する場面のモチーフは、その辺りにあるのかもしれません。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3017-ec83f67e
    この記事へのトラックバック


    最新記事