「野の花ものがたり」

2017年02月06日 18:59

野の花ものがたり

つよしちゃん(ふたくちつよし)が、ホスピスの芝居を書きました。

劇団民藝公演 「野の花ものがたり」


わたしが、つよしちゃんと初めて遇ったのは、
いまからちょうど40年前のことでした。

確か、
母校・演劇科の自称「サロン」と呼ばれていた喫煙所だったと思います。

所謂、ヒッピーのような風貌で、
髪は縮れて肩まで伸びていましたし、アーミージャケットを着ていました。
そしてなにより、サングラスをとると眉毛が無かったのでした。

聞けば、
5期の先輩で、ニューヨークから帰ってきたばかりだということでした。

そのビジュアルから先入観を持ってしまった後輩も多かったのですが、
話してみると、意外な“オネエ言葉”(つよしちゃんはオネエじゃありません)。

演劇科の八ヶ岳合宿にも現れたので、すっかり仲良くしてもらいました。

以来、
つよしちゃんに演出してもらったり、つよしちゃんの芝居の演出助手をしたり、
つよしちゃんの芝居は、すべて観ることにしています。

つよしちゃんは、
新潟の六日町に、“やまざと”という古民家を持っていて、そこで戯曲を書きますが、
やまざとにはなんども遊びに行きました。息子を連れて行ったこともありました。

そういえば、
むかし、つよしちゃんとアメ横のお店でアルバイトをしていたこともありました。

そのバイト先には、つよしちゃんの後輩で、わたしの先輩でもあった、
タケちゃんや宮ちゃんもアルバイトをしていました。

そのタケちゃんが病気になったとき、
タケちゃんの中学・高校の友達とつよしちゃんやわたしたち夫婦で看病をしました。

しかし、タケちゃんは看病の甲斐もなく亡くなりました。
そのときいっしょに看病をしていたタケちゃんの中高の友達の、
オサムちゃんもヨッシーも既に亡くなってしまいました。

つよしちゃんと、
集中治療室に入っている宮ちゃんを見舞ったこともありましたが、
宮ちゃんも逝っちゃいました。

つよしちゃんとは、いっしょに何度もなんども泣きました。


そのつよしちゃんが、ホスピスの芝居を書いたので、
きょう観に行ってきました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3014-13a88ba7
    この記事へのトラックバック


    最新記事