新文芸坐との関係

2017年02月01日 19:24

文芸坐

「文芸坐三浦館」の本日上映の映画をご紹介するまえに、
当館と、いま池袋東口に在る「新文芸坐」という映画館とを
混同される方がいらっしゃるかもしれないので、少しご説明をします。

過去、池袋東口に「文芸坐」という映画館が在りました。

1956年(昭和31年)にオープンして1997年に閉館するまで41年間、
過去に公開された映画を上映する二番館の映画館として存在し、
二本立ての番組の組み合わせ方で観客をを魅了するという、
所謂、“名画座”として多くの映画ファンに支えて頂いた映画館でした。

その「文芸坐」を経営し、毎月上映する映画を独自の判断で決め、
落語会や映画祭をはじめとする様々な企画を立て、催していたのが、
現在の「文芸坐三浦館」の“唯一の観客”である、むぅむぅ(義父)です。

そして、

現在池袋東口に在る「新文芸坐」は、
むぅむぅと、現「新文芸坐」を経営する企業との間で、
「元・文芸坐社員の再就職希望者の雇用」、「名称の使用」などの内容を含む、
当初からの“契約”で、2000年(平成12年)に誕生した映画館であります。

そして、現在でも旧・文芸坐社員だったスタッフたちによる、
むぅむぅの創った映画館経営のノウハウを手本にしたであろう、
番組制作や画期的な各企画で人気の映画館です。


さて、
本日の「文芸坐三浦館」の上映は、「真昼の決闘」にしようと思ったのでありますが、
長くなりますので、そのおウワサは明日にいたします。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/3009-512f13ae
    この記事へのトラックバック


    最新記事