「沈黙」

2017年01月13日 23:59

沈黙

沈黙」が映画化されたのだそうです。

沈黙」といえば、遠藤周作さんの小説の代表作ですが、
沈黙」から「深い河」に至る作品群が描くのは、
遠藤周作さんが生涯模索し続けた主たるテーマであります。

「信仰とはなにか」
「日本人にとっての信仰とはなにか」
「人は、なぜ信じるのか・・・」
「人は、なにを願うのか・・・」

そして、「なぜ、それでも神は“沈黙”しているのか」


さて、
その映画「沈黙-サイレンス-」の出演者であるイッセー尾形さんが話題なのだそうです。

イッセー尾形さんと謂えば、
一人芝居の演者として有名な方ですが、何度か舞台を拝見しました。

イッセー尾形さんの舞台は、
むかしから、演出家の森田雄三さんが演出していますが、
森田夫人は、演劇科でわたしたちの先輩にあたります。

いまや伝説化したあの一連の一人芝居は、
この三人が創り出した共同製作と云ってもいいでしょう。


そのイッセー尾形さんの演技ですが、
映画「沈黙-サイレンス-」が去年アメリカで公開されると、
観客や批評家から絶賛されたといいます。

しかし、きょうの日本のワイドショーでは、
マーティン・スコセッシ監督から絶賛されました」と紹介していました。

そりゃあそうでしょうよ!
自身の作品の出演者なのですから、「絶賛してる」と云うものでしょう。
モチロン監督は“本当”に絶賛したのでしょうが、日本のマスコミは、
なぜこんな切り口で伝えるのでしょうか?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2990-d3c8a0b6
    この記事へのトラックバック


    最新記事