ゲーム

2017年01月11日 23:59

珍しく、
コーチングについての考察であります。


コーチングの世界では、
コーチングの対象にならない人のことを、
アンコーチャブルな人」と呼びます。

アンコーチャブルな人にも、いろいろありますが、
簡単に云えば、「言葉による影響を受けない人」ということが言えます。

それでは、どういう人が「言葉の影響を受けない」のかと申しますと、

■ まだ言葉を使いこなせない年齢の子供。

■ 会話が困難な障がいを負った状態の方。

■ 言葉による影響を感じなくなっている方。

■ 言葉に過敏に反応しすぎる方。

こんなところでしょうか。

では、「言葉による影響を感じない」とか、
「過敏に反応する」というのは、どういう人たちなのでしょう。

そういう人は、
そもそもコーチングに否定的だったりします。
質問されること自体を嫌ったりします。
質問により内省し応えることより、語りたがったりします。

コーチングに関する取り組みに、
無理解だったり、主体性がなかったりします。

または、依存心が強かったり、過剰に信じたりします。

要するに、
裸の自分をさらけ出すことに不安があるのです。

自分自身が混乱することや、変化に適応することが、怖いのです。

こういうアンコーチャブルなタイプの人は、
やたらと声が大きかったり、身振り手振りが大げさだったりします。

質問に応えようとしないで、茶化したり、議論に持ち込んだりします。
こういう会話を、コーチングでは「ゲーム」と呼びます。

このように、
自らの思考や行動の変化を試そうとしないで、
物事がうまくいかないことを人の所為にして、
部下や他者への批判ばかりを繰り返し叫んだり、
“つぶやいて”ばかりいる人は・・・、
他者との間に、無意識に“壁”を築いてしまっています。

こういう人を、
「アンコーチャブル」と呼んで、コーチングの対象とはしません。

やがて、
このタイプの人は、自らが築いた壁に囲まれて、
誰のことも信用できずに、孤立してしまうでしょう。


ところで、
もうじき、新しい大統領が就任するのだそうですね。

さぁ、これからが本番です。
「トランプ・ゲームは終わりだ!」


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2988-32f8d61a
    この記事へのトラックバック


    最新記事