宝船

2017年01月02日 23:59

宝船

息子が、
宝船をいただいてまいりました。

むぅむぅ(義父)は、昨夜それを枕の下に入れて寝ました。

永き夜(世)の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音のよきかな

この和歌は回文歌ですから、
頭から読んでも、お尻から読んでも、同じ文になります。

「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」


さて、
昨夜、10時頃に床に入ったむぅむぅでしたが、
長年、バーニングマウスに罹っているむぅむぅは、
口の中の痛みを激しく訴えることがあります。

昨夜は、
1時間おきに、かみさんと交互にむぅむぅの様子を見に行きました。

昨日の朝のように、
ベットからずり落ちたりしていないか、心配だったのです。

深夜1時、
激しく、口の中の痛みを訴えておりました。

2時、
見れば、タオルケットや毛布をはいで、足がその上に乗っておりました。
シャツもはだけておりました。

やはり、痛さから身体を動かしてしまったようです。

盛んに痛みを訴えています。
本人も、気休めにしかならないことは承知の上ですが、
痛み止めの薬を飲ませました。

床暖房とガスファンヒーターにより、寒くはないはずです。
「寒いですか?」と問うと、「寒くない」と応えました。

3時、
床ずれ防止と、ベットからの落下防止に置いたクッションが、
引き抜かれて、枕の横に置いてありましたが、眠っていました。

4時、そして5時、6時、
寝息が聞こえており、タオルケットも毛布もかけていました。

こうして、今朝を迎えました。
したがって、わたしは初夢を見る余裕がありませんでした。


むぅむぅは、ことしどんな初夢を見たのでしょうか?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2979-2fb1336d
    この記事へのトラックバック


    最新記事