人生僅か五十年

2016年12月05日 23:59

来宮神社

昨夜は、気の置けない友人たちと夜遅くまで飲んだのに、
きょうは、朝早くから起き出して朝風呂を浴び、朝食を摂り、
皆で、樹齢二千年以上と謂われている楠の大木を拝みに行きました。

坂道を歩いて登ること15分くらいで、来宮神社の鳥居が見えます。
鳥居をくぐり竹林の参道を抜けると、来宮神社の本殿が現れます。
参拝して本殿の裏手に回ると、その大楠がそびえています。

この国の人々が、
やっと米作りを始めたころから枝を伸ばし、葉を広げている楠です。

わたしたち人間が産まれてから土に還るまで、平均すれば80年程度。
それも数十年前からのことで、その前は「人生五十年」と謂われていました。
大楠にしてみれば、“さっき産まれて、あっという間もなく…”といった感じでしょう。

「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」

そんな僅かな人生で出逢った稀有な友人たちとの時間が、わたしたちの宝物です。

但し、
気の置けない友人は他にもいっぱいいるので、
今回ダレと旅行したのかは、ナイショです。

大楠
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2950-64f663f5
    この記事へのトラックバック


    最新記事