炭水化物

2016年11月20日 23:59

以前から度々申し上げていることですが、
わたしの高校生時代から45歳くらいまでの体重は、ほぼ53キログラムでした。

高校時代には、一日5,000~6,000カロリーを摂っていましたが、
どんなに食べても55キログラムを超えることはなく、
病気や貧乏で痩せたといっても50キログラムを割ることもなかったのです。

ところが、45歳を過ぎた頃からですが、
体重は55キログラムを超えて増えつづけ、ウエストサイズは73センチだったのに、
75センチを超え、80センチも超えて久しく、いま測るのが怖くなってしまいました。

こうなると顕著なのが、飯や麺やパンが美味いことです。

痩せているときには特に食べたいとも思わず、肉の方が食べたかったのですが、
いまでは身体が炭水化物を欲しがります。

身体が欲しがっているところへ与えるのですから、美味いのであります。

そこで、目立ってきたのが腹周り、気になりだしたのが迫り出した腹であります。

メタバリア

というワケで、こういうものに手を出すのはいけないことだと知りつつも、
2週間分500円という誘い文句に惑わされ、つい出来心から手を出してしまいました。

まんまと、メーカーと広告代理店の戦略に乗ってしまったのであります。

体重が増えることは、若いころからの夢でしたが、こうなってみると“悪夢”です。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2935-35a7435b
    この記事へのトラックバック


    最新記事