日本の土木技術

2016年11月17日 23:59

o-HAKATA-570.jpg
【写真:時事通信社】

海外の数々のメディアからも、称賛が集まっているのだそうであります。


福岡のJR博多駅前の道路が、今月8日に大規模陥没した事故は、
15日早朝に復旧工事が終わり、1週間ぶりに現場での通行が再開されました。

陥没したのはJR博多駅前の道路で、縦横およそ30メートルにわたっていました。

きょうは、
陥没の原因について述べるのではなく、たった1週間であの大規模陥没を復旧させた
その技術力の高さに注目したいと思いました。

それは技術力の内容を知りたいというよりは、
その土木技術を使えば、豊洲の盛り土など屁の河童だっただろうと思ったことと、
オリンピックに向けた工事など、まだ余裕があるのかもしれないと思ったこと。

そして、
そんな日本の土木技術をもってしても、未だに東日本大震災の復興工事が終わらないのは、
それだけ、被害が大きかったことを物語っていて、そのことを改めて痛感したからでした。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2931-721f240a
    この記事へのトラックバック


    最新記事