理不尽

2016年11月16日 23:38

きょうの朝日新聞の記事は衝撃的でした。

【「菌」「賠償金あるだろ」原発避難先でいじめ 生徒手記】

そう題された記事です。

原発事故で福島県から自主避難した中学1年の男子生徒(13歳)が、
“いじめ”を受けて不登校になったとされる問題で、男子生徒の代理人弁護士が、
昨日15日に、生徒の手記を公表した内容が載っています。

但し、
これは小学生のやったことだとしても、“いじめ”の範疇を超えた“恐喝”事件ですが・・。

しかし、
「原発事故の影響で自主避難していること」や、「賠償金」がその原因なのだとしたら、
これはまた別の意味で大問題であります。


2011年3月11日の東日本大震災に伴う津波で、
宮城県石巻市の大川小学校の74人の児童と教師10人が津波の犠牲となりました。

その犠牲となった児童たちの一部の遺族が、学校側の避難誘導に過失があったとして、
宮城県と石巻市に対して損害賠償を求める民事訴訟を起こしました。

今年10月仙台地方裁判所は学校側の過失を認定し、
23人の遺族に対して計約14億円の支払いを石巻市と宮城県に命じましたが、
この判決に対して、原告・被告共に不服があるとして、現在控訴しています。

この一連の訴訟に関しても、世の中には様々な批判があります。


貴方は、
被災者のみなさんやご遺族が補償や賠償のお金が欲しいから、
ふるさとを離れたのだと思われますか? 子供の命と引き換えたと思いますか?

東日本大震災や津波や原発事故。
被災された人たちは、こんな理不尽をどう受け容れたらよいのでしょう?

そんな被災された人たちが、“いじめ”られたり、“恐喝”されたり、“批判”されたり、
その方がもっともっと理不尽だと、わたしは思います。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2930-2c6e1053
    この記事へのトラックバック


    最新記事