自慢の“こどもたち”

2016年10月31日 18:12

由良早生

きょうで10月も終わり、明日から11月ですね。

みかんも、
極早生(最も早く採れた)みかんから、普通の早生みかんが流通し、
やがて、年越し前後に旬を迎える中生みかんが採れ始める頃です。

そして、
年末には、年明け以降3月頃まで食べられる貯蔵用みかんを採り、
収穫作業を終えます。

早生みかんは、旬の香りと瑞々しさが、
中生みかんは、甘さと酸味のバランスが、
晩生みかんは、醸成された濃い甘さが、魅力です。

いずれのみかんも、年内に収穫するのですが、
春先に肥料を与え、3月に枝を剪定して、4月には発芽、
5月に花を咲かせ、実ったら夏の間は摘果、その間にも、
病害虫対策は間断なく行われます。

そして、10月になって極早生の収穫が始まるというワケ。

謂わば、
収穫や貯蔵、そして出荷は、一年間の作業の最終段階です。

ですから、
収穫作業のときに、誤って実を傷つけてしまったり、
運搬作業や貯蔵のときに、実をゾンザイに扱ったり、
出荷作業で実を丁寧に扱わなかったりすると、
むかしは、親父のカミナリが落ちました。

それはそうでしょ?

みかんの実の一つひとつが、
一年間かけて、大事に育てた“こども”のような存在ですから。

親父は、
どこに出しても恥ずかしくない。
ダレが食べても満足してもらえる。
自慢の“こどもたち”だと思って作っていました。

ですから、
親父にとっては、TPPなんか怖くはなかったでしょう。


ところで、
浜松の実家のみかんが、「Why Juice?」のジュースに使われているのだそうです。 ・・Why?

片山みかん
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2913-563b933b
    この記事へのトラックバック


    最新記事