ブロガー

2016年09月30日 23:59

ブログにも色々なものがあります。

「写真」や「旅」や「料理」などに特化したブログ。
「小説」を載せているブログ、「趣味」や「ペット」を載せているブログ。
なかには、ご自身の「闘病」の様子を記しているブログもあります。

わたしも、ブログを始めてから7年と7ヶ月ほど経ちますが、
わたしの場合は、その日その時の出来事(風)を受け、
その中から話題を一つに絞って、わたしの思いを書いています。

主に、
記録としてと、セルフイメージの確認と、リフレクション(自省)のためです。

わたしは、所謂ブログを書くことを生業にしているブロガーではありません。
ブログで1円の収入も得ておりませんし、得る術を知りません。
しかし、毎日欠かさず更新することにしています。


さて、

あるフリーアナウンサーが、
公式ブログで人工透析患者を批判する内容を掲載し、ブログが炎上。
自身が務める番組のキャスターを降板させられたとして、話題です。

そのフリーアナウンサー氏を、ここで批判するつもりはないのですが、
ひとりのブロガーでもある立場として“ブログってなんなのだろうか?”
と思った次第であります。

彼のフリーアナウンサー氏は、
アナウンサーなのですから、そもそも伝達者です。
テレビのキャスターも、ジャーナリストもそうですが、
ニュースを伝えることが、本来の仕事でしょう。

しかし、
最近そういった人たちが、ニュースを伝えることよりも、
ご自身の主観や思いを伝えることが多くなっているように思います。

それが、番組の売りだったりすることもあって、
わたしも、主観や思いを伝えてはいけないと言うのではありませんが、
本来の役割ではないと思っているワケです。

その、本来の役割という意味で言えば、
俳優や芸人がコメンテーターとしてニュースを語る番組が増えました。

でも、彼らのコメントを聴いていて違和感を覚えることがあります。
俳優や芸人や映画監督などは、本来“表現者”なのですから、
物事を、ドラマや映画や芸の現場で表す人たちなのであって、
コメントで表す役割を担う人たちではないと思ってしまうからです。


そんなことを考えていると、
アナウンサーもキャスターもジャーナリストも俳優や芸人も、
この時代、みんな何かコメントしたくなってるんだなと思い当りました。

会社員も看護師も魚屋も学生も、
みんな何かを発信したり、コメントしたり、表現したりしたいのでしょうね。
そして、そこにブログがあるから・・・。

こうして、誰しもが簡単に表現できることが可能な時代になりました。
しかし、“表現”するのは簡単ですが、“表現者”になるというのは難しいことです。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2883-1ce00727
    この記事へのトラックバック


    最新記事