ビールかけ

2016年09月11日 18:25

ビールかけ

昨夜は、
25年ぶりのリーグ優勝に、我が家の風呂場ではビールかけが行われました。

わたしは、
どの球団のファンでもありませんが、プロ野球に興味のない人でも感動する
ことしの広島東洋カープのリーグ優勝だったのではないでしょうか?

考えてみれば、
戦後の球団の成り立ちから云っても、広島東洋カープは独特でありました。
その歴史に共感する人も多いのではないかと思います。

そして、共に2008年にチームを離れ、
メジャーに移籍した黒田博樹投手、阪神に移籍した新井貴浩内野手が、
2015年、共に広島に復帰したことと、その二人の活躍と、二人がリードしたチーム力。

同じ2015年に監督に就任した緒方孝市監督が、
胴上げで7回宙に舞ったあとの、優勝監督インタビューで発した一言!

「広島の皆さん、そして全国のカープファンの皆さん、
本当に長い間、お待たせ致しました。おめでとうございまーす!」

マウンドで号泣しながら抱き合う黒田と新井と、二人を囲む選手たち。
いずれ感動的な要素ですが、それが揃ったところが奇跡的でありましょう。

“奇跡”と言ったら広島の選手たちに失礼でしょうし、ファンは怒るでしょうが、
こんなにも“奇跡的な物語”は、そうそう無いことではないでしょうか?

広島東洋カープが起こした“奇跡”に大いに励まされ、
久々に喜びを爆発させている、風呂場の親子のビールかけなのでありました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2864-88d1b0ea
    この記事へのトラックバック


    最新記事