アクシデント

2016年08月05日 13:07

やはり、
アクシデント(トラブル)に遭ったチームは強いですね。

リオデジャネイロのオリンピック大会の、開会式より前から開催された男子サッカーで、
ナイジェリアチーム対日本チームの戦いは、5対4でナイジェリアチームが勝ちました。


ナイジェリアは、
当初、7月下旬にはブラジルのマナウス入りをする予定だったのだそうです。
ところが、航空券の発券トラブルで移動できませんでした。

そこで、
チャーター便を手配して8月2日にブラジル入りするように段取ったのですが、
今度は、正式に料金が支払われていないことが発覚して再び出発は延期。

更に8月3日にチャーターした航空機に乗りはじめたところ、
航空機の座席が少なくて全員が乗れないことが判明したのでした。

それを見かねたアメリカの航空会社が臨時便を飛ばしてくれたので、
一行は試合当日の現地時間4日の到着したのだそうです。

しかし、
一行が約6時間のフライトを経てマナウスの国際空港に到着したのは、
日本戦の試合開始の約6時間前でした。

オマケに、
対日本戦の前に両チームの選手が並んで、それぞれの国歌が流されたとき、
ナイジェリアの国歌ではなく、間違えて他国の国歌が流されるという
前代未聞のハプニングにも遭ったのだそうです。

一見、
これほどのアクシデントに遭ったチームは不利だと思われるでしょうが、
むしろ、そのアクシデントそのものが“強味”に変わったのでしょう。

その意味で、
日本チームは、いやな相手と戦ったことになります。

つまり、
このアクシデントの本当の被害者は、日本チームなのかもしれません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2824-26af0c91
    この記事へのトラックバック


    最新記事