一本化

2016年07月13日 18:26

都知事選候補者共同記者会見

日本記者クラブ主催の、
都知事選へ立候補を表明した4名の共同記者会見を見ていました。

画面では15時03分の時点で、
左から、宇都宮健児氏、小池百合子氏、鳥越俊太郎氏、増田寛也
といった顔ぶれが並んでいます。

モチロン、
この4名以外にも立候補の表明をした人たちがいるのですが、
主催者の日本記者クラブとしては、眼中にないようであります。


さて、
明日14日午前8時に東京都知事選挙が告示されますが、
ここに並んだ人たちは、明日四人とも届け出をするでしょうか?

わたしは、一人欠けるのではないかと思っています。


ここには、
保守系候補が二人、野党系候補が二人、互い違いに並んでいますが、
保守系候補の二人が、明日届け出をするのはまず間違いないでしょう。
なにせ、崖とスカイツリーから飛び降りてしまった二人ですから、
今更戻ることはできないワケであります。

ところが、野党系候補の二人はどうでしょう?

野党四党が一本化されたといいますが、有権者の中には、
前回・前々回応援した候補から究極の後出しジャンケン候補に、
支持を変更することに抵抗感をもっている人たちも多いことでしょう。

それも、前回・前々回候補者が今回は出馬しないというならまだしも、
競合するのでしたら、まことに複雑な心境でしょう。

また、
政党によっては、労働組合の連合会を支持の基盤にしていますが、
その連合会だって一枚岩とは言えないでしょうし、場合によったら、
保守系候補に投票する組合員だっているかもしれません。

そういう意味では、
野党系の政党の基礎票すら固められるかどうか判りません。


また、
東京都は、浮動票が多いことも知られていますが、
浮動票は、知名度が高い与党系の候補にも流れることでしょう。

そうすると、
野党系候補が一本化して戦えば勝算があるでしょうが、
二人に分かれた場合は、ほぼ勝算はないと思います。

そんな皮算用は、誰だって判っていることですから、
二人揃って出馬するなどという愚挙は行わないハズですから、
野党系のどちから御一人は、明日出馬の届け出をしないと、
わたしは思うんですがね・・・。

二人とも出馬の届け出したとしたら、また投票率は下がります。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2801-8f3c0b45
    この記事へのトラックバック


    最新記事