党紀の縛り

2016年07月12日 18:56

広報板

我が家のすぐ近所に、
自由民主党の区議会議員のお宅があります。

そのお宅の前には、自民党の広報板が掲げられています。

きのうまでは、その掲示板一面に、
自民党第10選挙区の支部長のポスターが貼ってありましたが、
きょう、そのポスターは剥がされていました。

その理由は、
自民党の都議会議員・区議会議員・党員宛に、
自民党東京都連から通達があったからでしょう。

以下、その通達の内容です。

都知事選挙における党紀の保持について(文中略)

1.党員は、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない。
2.党員は、党公認・推薦候補者を陥れる行為をしてはならない。
3.各〇議員(親族等含む)が、非推薦の候補を応援した場合は、
 党則並びに都連規約、賞罰規定に基づき、除名などの処罰の対象となります。


まったく、いつの時代のどこの国の党紀かと見紛うばかりです。

議員本人はともかく、その“親族等”も対象だというのですが、
ちょいと大袈裟な云い方をすれば、コレ、憲法違反でしょ?


わが党は、基本的人権と民主主義を守り・・・云々

これは、
自由民主党の“党則”の最初に書かれている文言です。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2800-4fa61d05
    この記事へのトラックバック


    最新記事