古きよき時代

2016年06月24日 23:59

“古きよき時代”という言葉があります。

「日本の古きよき時代」
「アメリカの古きよき時代」
「わたしたちの国の古きよき時代」

こんな言い回しで使われています。


ところで、
この“古きよき時代”って、いつのことですか?

例えば、日本の古きよき時代って、“何時代”のことですか?

バブルの時代ですか?

昭和の高度経済成長期のことですか?
安全保障政策に反対する人たちがデモを繰り返していた、あの時代ですか?
各地であらゆる公害汚染が問題だった、あの時代ですか?
金権政治、汚職が横行していた、あの時代ですか?
農村を離れる若者たちが増えた、あの時代ですか?

大正ロマンと謂われた時代のことですか?
第一次世界大戦関東大震災が起こった、あの時代ですか?
治安維持法が制定され、特高警察憲兵が闊歩した、あの時代ですか?

それとも、明治時代ですか?
富国強兵の、あの時代ですか?
それとも、明治維新のことですか? あれ、革命の時代ですよね?

もしかして、江戸? 幕藩体制士農工商がよかったですか?


さて、
イギリスが、イヤ世界中がタイヘンなことになっています。

欧州連合(EU)からの離脱か離脱反対(残留)かを決める
国民投票が行われ、離脱派が勝利したからです。

離脱派と反離脱派双方には、様々な要素があるのでしょうが、
離脱を主張した人たちに共通する顕著な点としては、
「他民族との共存反対」と「イギリスの古きよき時代を取り戻したい」
という点が挙げられるでしょう。

この「古きよき時代を取り戻したい」という考え、これは、
「合理性」や「理性」から導き出された考え方ではなく、「エモーション」でしょ?
エモーションとは、「情緒」「感情」を指し、心理学では「情動」といいます。

アメリカの次期大統領候補にも、おなじような考え方の人がいますし、
我が国の政治家のなかにも、おなじような志向の人たちはいます。

いつのことか判らない“むかしを懐かしむ”人たちがいるということは、
それだけ、“現状が問題”で、“現状がワルイ”からだと思いますケド、
政治がエモーションで動くようになったら、前世紀のドイツと同じです。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2782-8c9d2250
    この記事へのトラックバック


    最新記事