蓮華

2016年05月30日 20:59

スイレン

睡蓮

咲きました。


さて、
上の写真に写っているのは、なんという花かご存知ですか?

「睡蓮(スイレン)!」

「いや!蓮(ハス)でしょ?」

「えっ? 睡蓮(スイレン)と蓮(ハス)って、違うものなの?」


一般的に、

花が水に浮いた状態で咲き、葉も水面に浮いていて、
葉に切り込みがあるものは、睡蓮(スイレン)。

花が水面から立ち上がって咲き、葉も立ち上がっていて、
葉に切り込みがないものは、蓮(ハス)。

そう憶えていましたが、
必ずしもそうでないものがあって、判断がむずかしいことがあります。

しかし、
上の写真は、どちらも睡蓮(スイレン)だと思われます。


そんな睡蓮や蓮の花のことを「蓮華(レンゲ)と謂います。

「世間の法に染まらざること、蓮華の水に在るが如し」
不染世間法 如蓮華在水(ふぜんせけんほう にょれんげざいすい)
という法華経の教えです。

南無妙法蓮華経”というお題目とは、
「南無」=「教えを信じ、すがります」
「妙法」=「正しい・真実の・優れた、教え・法のこと」
「蓮華経」=「蓮の花の訓え」
“わたしは、真実の教えのとおり、蓮の花の訓えを信じます”
そんな言葉から成っているワケです。

蓮は泥より出でて泥に染まらず」という古来の成句もあります。

しかし、
此の世に生きていると、周りの教えや価値観に影響を受けずに、
素直に生きつつ自分本来の花を咲かせるのは、相当に難しいことです。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2756-4e8cd027
    この記事へのトラックバック


    最新記事