守るべきもの

2016年05月20日 23:59

1999年4月から2012年10月まで、第14~第17代を務めた都知事も、
政治活動費の公私混同や豪華な外遊などが問題になりました。

海外出張に関しては、
少なくとも15回の出張で、総経費が2億4千万円を超えていたのだそうです。
また、多額の交際費も、裁判で違法と認定されています。

それに加えて、
都知事の息子(四男)が関係する東京都の若手芸術家支援事業に関して、
家族や知人の起用、億単位の予算配分に関して、疑惑をもたれました。


第18代の都知事は、
都知事選出馬にあたって、医療法人グループの創設者に、
資金提供を頼み、5,000万円を議員会館で受け取りながら、
選挙運動費用収支報告書・都知事資産報告書・政治資金報告書に
記載していなかったとして糾弾され、2013年12月に辞任しました。


そして、現在の第19代の都知事に関する報道が連日つづいています。

当初は、豪華な海外出張が問題点として挙がっていた都知事ですが、
公用車を使って毎週末に湯河原の別荘で湯治をしていた件、
正月に、千葉の黄金風呂が有名なリゾートホテルで会議したという件、
以前代表を務めていた政党の政党交付金をネコババ(横領?)した疑惑、
そしてここにきて、政治活動費で私的な自動車を買ったと報道されています。

日に日に、疑惑が詳細になるというか細かくなるというか、セコくなっています。

そう云えば、
いまの都知事と都知事選挙を争った元・航空幕僚長が先日逮捕されたばかりです。

都知事選挙の落選後、選挙活動に協力した運動員たちに対して、
慰労金として現金を配った公職選挙法違反の疑いでの逮捕でした。

こんな人たちが、日本の首都・東京のリーダーですか?

いつも耳障りのいい綺麗ごとばかり語っていながら、
1,300万都民の命と財産を守るべき行政の首長が守っていたのは、
自分の家族と財産だったというハナシですか?



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2745-96047ee9
    この記事へのトラックバック


    最新記事