うがった見方

2016年05月18日 23:59

覚せい剤取締法違反の罪に問われた元・プロ野球選手の初公判が、
昨日、東京地方裁判所で行われ、検察側は懲役2年6ヶ月を求刑し、
即日結審しました。判決は5月31日に言い渡されます。  

さて、
検察が求刑した2年6ヶ月という量刑ですが、
覚せい剤取締法違反の初犯事案としては、かなり重いのだそうです。

覚せい剤取締法違反のような犯罪の量刑を決める主なファクターは、
前科の有無と、薬物の使用量なのだそうです。

その意味でいうと、
初犯の場合1年6ヶ月の求刑で執行猶予がつくのが一般的なのだそうで、
求刑2年6ヶ月は異例ですし、実刑の可能性を指摘する専門家もいます。

なぜ、このような求刑になったのか、その背景に興味があります。

そこで、
この先は、わたしのうがった見方なのですが、

昨日の裁判で、検察官が冒頭陳述したように、
遅くとも現役を引退した20年(2008年)頃から覚醒剤を使用するようになった
ということですが、覚醒剤の使用開始時期は2002年の現役時代だったという
一部の報道と証人が存在します。

では、検察はなぜ2002年に使用を開始したという疑惑がありながら、
「遅くとも現役を引退した20年頃から」などという曖昧な陳述をしたのでしょう?

警察や麻薬Gメンや検察にとって、
このような犯罪で最も重要なことは、犯罪組織と販売ルートの解明でしょう。

元・野球選手の場合、引退後の取引相手は判明しています。
しかし、もし現役時代の2002年頃から使用していたとする場合、
その販路や組織の存在が一番気になるところでしょう。

しかし、
元・野球選手が、その内容を警察や検察で喋ったということになれば、
後々、どのような危険が迫ってくるか判りません。
その危険は、本人に及ぶだけとは限らないからです。

だとすれば、
被告が、自身の罪を認めるかどうかよりも、そのことが気になったはずでしょう。

ですから、
捜査当局も、そんな心情を見越した上で捜査したことは容易に想像されます。

正確な開始時期と入手先について語れないのは、
なにも本人だけでなく、検察や、或は裁判所だって語れないのかもしれません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2744-84505d79
    この記事へのトラックバック


    最新記事