定家葛

2016年05月07日 23:59

テイカカズラ

羽衣ジャスミンの花が枯れはじめたと思ったら、
ジャスミンの花を黄色くしたような、テイカカズラの花が咲きはじめました。

お隣さんの庭から伸びてきて、我が家のベランダのフェンスに絡みついた、
我が家の外来種です。

羽衣ジャスミンと同じく、家の周りに芳香を漂わせてくれます。

テイカカズラは「定家葛」と書きます。
キョウチクトウ科テイカカズラ属の蔓性の常緑木です。

皇女・式子内親王を愛してしまった歌人・藤原定家が、
死後葛に生まれ変わり皇女の墓に絡みついたという伝説から、
その花木を定家葛と呼ぶようになったのだそうです。


いつのころからか、我が家のベランダのフェンスに絡みついて、
毎年この季節に、咲いた花とその香りを愉しんできました。

しかし、
伸びた蔓が邪魔になったので、剪定ばさみで切ると白い樹液が出ました。
その樹液はベトベトしていて、肌に付くとかぶれます。

この、我が家の“外来種”には毒がありました。

定家葛

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2733-316fdedc
    この記事へのトラックバック


    最新記事