非常識

2016年04月30日 23:59

昔、ある有名な女優から、わたしが直接聴いた話です。

むかし昔、
その女優に、ある舞台の出演の打診がありました。
その女優は、その依頼を請け、出演を決めました。

しかし、
その稽古が始まる時期になって、女優の妊娠が判りました。

女優は夫と共に、
製作者と劇作家と演出家の許へ行き、土下座して謝ったのだそうです。

主演する女優が妊娠して主演を勤められなくなったら、
興行に及ぼす影響は短期・長期にかかわらず少なくありません。

演劇の世界の人間にとって、それは常識であります。

稽古が始まる前だったのですから、本番初日の前ではありますが、
その女優のキャスティングで公演が売れ、チケットも売れていたのでした。

芝居の旅先で聴いた話でしたが、気が滅入る話でした。


さて、ゆうべテレビを観ていたら、
或る女優の息子が、新人俳優として注目を集めているということで、
バラエティー番組のゲストとして登場していました。

母である女優と息子のエピソードでつづられた微笑ましい番組でしたが、
女優が息子を身籠ったときに主役に抜擢された公演を前にしていたという
エピソードが再現されました。

妊娠したことで主演の舞台を降板させられ、
周囲から批判されたという再現ドラマでした。

それを観たわたしは、二つのことを想像し懸念しました。

一つは、妊娠したことを批判した劇団の人たちはけしからんという世の批判。
一つは、そのエピソードをテレビで語られた劇団側からの、女優への抗議。

そのエピソードを語った女優は、
迷惑をかけた劇団に生涯尽くすこのを決めていると覚悟を語りました。
でも、そのエピソードをテレビで語ることの影響は、想像していないのでしょう。

ところで、
一般視聴者にとって、女優や劇団の考え方や感覚は理解できることでしょうか?

わたしも、制作者として、女優の降板を経験したことがあります。

妊娠というおめでたい出来事と、
舞台を降板させなくてはならないという対応のなかで、葛藤しました。

その意味で、
降板させられた女優や、降板させた劇団や演劇人の考え方や気持ちも、
わたしには解ります。
が、等しく、そのことが解らないという一般の方たちのお気持ちも、よく解ります。

人間を知り、人の気持ちが解るからこそ、演劇を創ることができます。
しかし、演劇をやっている人たちの世界は、非常識な世界なんですヨ。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2726-aab837ed
    この記事へのトラックバック


    最新記事