日本史上初の出来事

2016年04月16日 22:01

中央構造線

昨日のブログを書いていた時点では、
4月14日21時26分に発生した熊本県益城町を震源とした震度7の熊本地震が、
中央構造線の延長線上だと謂われる布田川・日奈久断層帯の上に位置することから、
“仮に”南海トラフ地震の前兆現象としての活断層地震として想定して書いていました。
考えたくはないことではありますが、それが現実的になってきました。

きょうの未明、例によって眠れなくてナイトキャップしに起き上がって、
たまたま点けたテレビに緊急地震速報のテロップが表示されました。

1時25分

東京は、ビクとも揺れていないのですが、熊本では震度6強の地震が起き、
有明海と八代海の沿岸に津波注意報が発令されたから沿岸に近づくなと、
繰り返し警告していました。

当初、マグニチュードは7.1と発表された1時25分の地震ですが、
気象庁が会見を開いた時点で、7.3だったと修正報告されました。

マグニチュード7.3という値は、
14日の震度7だった熊本地震のマグニチュード6.5と数値は0.8の違いですが、
地震のエネルギーとして16倍に相当するのだそうです。

朝を迎えるまで、詳細が判らない状況でしたが、
その間にも、5~10分置きくらいに余震がつづいていました。

それも、震度6強、震度6弱、震度5強、震度5弱、震度4という地震が連続し、
その震源域があちこちに移っているのが判りました。

震源域が、14日21時26分の益城町から、16日1時25分には熊本県熊本地方、
16日2時49分頃には大分県中部、2時57分頃の熊本県阿蘇地方、
16日6時11分頃には大分県西部といった具合です。

その数多くの余震の震源とされた印を点として地図上に記すと、
その点が線となって、中央構造線に沿っているように思えます。

これを見ると、四国、紀伊半島、中部地方、静岡・長野で、
熊本で起きたような、内陸直下型地震が起こらないと云えるでしょうか?

そして、
その先に「南海トラフ巨大地震」の可能性はないのだと云えるのでしょうか?

地球や日本列島にとっては度々の出来事なのかもしれませんが、
わたしたち日本人にとって、史上初めての事が起こっているのは間違いありません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2712-c41425a8
    この記事へのトラックバック


    最新記事