お花まつり

2016年04月08日 23:19

お花まつり

きょうは、鬼子母神堂に花に飾られたお釈迦さまが祀られていました。

きょうは、お花まつりの日、お釈迦さまのお誕生日とされています。

お釈迦さまの像にお詣りして、甘茶をかけて、
わたしも、お接待の甘茶をいただきました。

お釈迦さま

なにごとの おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる

これは、
西行法師伊勢神宮にお詣りされたときに詠まれた歌だそうですが、
神仏にお詣りするときに、このような想いが浮かぶことがあります。
これが、多くの日本人のメンタリティーではないかと思います。


ところで、「信仰」と「宗教」は、似て非なるものだと申します。

願ったり、頼んだり、祈ったりするのは宗教だと申します。
神仏を、ただひたすら拝みたくなることこそ信仰なのだといいます。

わたしも、自分の信心は信仰であって、宗教ではないと思うのですが、
実際には、曖昧で不確かでフラフラしてばかりいます。

宮本武蔵のように、
「神仏を尊び 神仏に頼らず」といった境地に立ってみたいものです。

鬼子母神堂

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2703-3f7937bd
    この記事へのトラックバック


    最新記事