シャドウ

2016年04月05日 23:59

法不動尊

雑司が谷鬼子母神堂の境内は、よく通る散歩コースの一つです。

さて、
雑司が谷鬼子母神堂を正面に見て左手に、法不動堂は在ります。
法不動堂には、金剛不動尊(不動明王)がお祀りされています。

密教では、仏が三体の姿に変身して現れると謂われているのだそうです。
一体は、真理を表す「如来」の姿、もう一体は、悟りを得た「菩薩」の姿、
そして、仏法に背く者を恐れさせて教え諭す「不動」の姿なのだそうです。

お釈迦さまが悟りを求めて菩提樹の下で坐禅しようとしたとき、
修行を妨げ心を惑わす魔物・マーラ(魔羅・摩羅)が現れたといいます。
煩悩の化身であるマーラは、まず美しい三人の娘たちに誘惑させました。
しかし、お釈迦さまは誘惑に負けることはありませんでした。
恐ろしい妖怪たちに襲わせましたが、それにも屈しませんでした。
あらゆる危険や恐怖を与えましたが、お釈迦さまは動じることなく、
悟りを啓いたのだそうです。

そのときのお釈迦さまの内面を現したのが、不動明王のお姿なのだと謂います。

精神医学者で、フロイトアドラーと並び称される
心理学者のユングが言う、人にとっての「シャドウ(影)」という存在。
それが、お釈迦さまを脅しつづけた煩悩の化身・マーラと重なります。

無意識に自分を抑圧するシャドウ。
意識しても許容できないもう一人の自分・シャドウ。
そのシャドウを否定することは、自分の否定だというジレンマ。

そのシャドウに打ち勝ってこそ、悟りが啓けるということでしょうか。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2700-7544377a
    この記事へのトラックバック


    最新記事