飼育

2016年03月28日 18:38

法明寺

きょうも、雑司が谷散歩です。

雑司が谷で最初に開花した法明寺の桜並木を歩いてみました。

雑司が谷の開花宣言は3月20日でしたが、
法明寺境内の桜は、まだ三分咲きというところでしょうか。

それでも、
ピンクの蕾をいっぱいにたたえた桜の木々を見上げていると、
メジロやヒヨドリが飛んできて、桜の花の蜜を吸っています。
花の中にクチバシを突っ込んで吸っているのです。

すると、何処からか大きめの鳥が飛んできました。

見れば、
緑色の身体をして尾が長いクチバシが丸まった鳥が枝に止まりました。

・・・インコでしょう。 ・・・首の周りに輪形の模様があります。

インコは、クチバシが花の中に入らないので、
花柄のところを咥えてちぎってから蜜を吸っているようです。
インコが止まった木の下には、花ごと桜花が落ちています。

ダレかが飼っていたインコが野生化したのでしょう。
観察していると、もう一羽飛んできました。
繁殖したのかもしれませんね。

桜とインコ

インコ

落ちた桜の花

二羽

ところで、
このブログを書くにあたって、「インコ」の「飼育状況」を調べようと、
「飼育」というワードで検索してから「インコ」と入力しようとして、
途中で見つけたのが、「飼育」をキーワードにしたサイトの数々でした。

2年振りに開放された少女のニュースが流れた日に、不快なことでした。

表現の自由や、性は人間性の開放だという考え方を正統化する前に、
それは、売れるから創られているのだと認めたらどうでしょうか。

そして、
人が人を「飼育する」などということは、絶対に赦されることではありません。

インコだって、自然界においては本来野生でいるべきでしょう。
しかし、人間が“勝手”に“飼って”いるインコの場合は、放すべきではありません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2692-6255de70
    この記事へのトラックバック


    最新記事