ペルソナ

2016年03月21日 11:31

ありのままに咲く

<独り言>

学歴を詐称したとして、テレビの仕事を失ったコメンテーターが話題だ。

アメリカの有名大学を卒業したとか、有名大学でMBAを取得したとか、
パリの大学に留学していたとか、父親がハーフで自身はクウォーターだとか、
親族や身近な友人たちだっているだろうに、なぜか違う自分を見せようとする。

詐称と云えば、「偽ること、欺くこと、騙すこと、嘘を言うこと」だが、
本人には、その自覚があったのだろうか?

まぁ、・・・あったんだろうな。

うちのカミサンは、
「もともと、この人のコメントは、いつもヘンだと思ってたよ」と云ったが、
周りにいた人たちは、どうだったのだろう?

わたしは、
正直に云って、彼のコメントの内容には注目したことがない。

耳障りのよい声で、ゆっくり丁寧に話すと、内容に意味がありそうだが、
当たり前のことを云っているだけのような気がしていた。

耳障りのよい声で、丁寧に話してはいるが、あまりに話が長すぎて、
内容はありそうだが、なにが云いたいのか判らない司会者とは違っていた。

ところで、わたしがコメンテーターに関して始めから最も注目していた点は、
「鼻」だったのだが・・。


翻って、自分たちはどうだろう?
人は詐称するまではいかないが、多かれ少なかれ自分を装う(粧う)ことがある。

わたしは、
年齢を少し誤魔化している人を知っている。
身長や体重を正確に云わない人を知っている。
化粧をほどこしたり、髪を着けたり染めたりする人を知っている。
プロフィールが本当と少し違っている人を知っている。
お金が無いのに、有るように振舞う人を知っている。
お金が有るのに、無いように振舞う人も知っている。

幸せそうにはしているが、地獄を抱えている人を知っている。

みんな、少なからず仮面を被って、自分を守っている。

だから、
小さくても、ありのまま咲く花が羨ましい。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2685-9b4845cc
    この記事へのトラックバック


    最新記事