きょうの時点で、過去最大の危機だったあの88時間。

2016年03月16日 18:19

88時間

昨夜、
NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」という番組の再放送を観ました。

3月11日前後はテレビを観ないで、静かに過ごそうと思っていましたが、
出来事に目をつぶっていたワケではありません。


さて、
NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」を観た感想です。

やはり、ドラマ仕立てにするべきじゃないなと思いました。

出来事が収束したわけではなく、現在進行形で事態が推移していることで、
見解が分かれる点も多く、検証も不充分ですし、総括出来ていない内容です。

したがって、報道や表現として、リテラシーの面から不適当だと思います。
一番そう感じたのは、所長と総理の対応を比べたような描き方に関してです。

14時46分に地震が発生し、
15時35分には大津波が福島第一原発を襲い始めます。
15時37分には燃料タンクが流出して全交流電源が喪失します。
16時36分には1号機の冷却装置への注水不能が判明します。
19時29分にはメルトダウンが始まっていたと想像されています。
23時50分には1号機の原子炉格納容器の圧力が通常の6倍に上昇していると判明。
00時06分には所長が格納容器の圧力を下げるため、手動でのベント準備開始を指示。
07時11分には総理が現場に到着してベントを要請。
08時03分、所長が、9時からベント開始するように指示。
14時30分に所長が格納容器の圧力が下がったと判断。
15時36分に1号機の建屋が水素爆発。

これが、3月12までの1号機に関する経緯です。

所長と総理の描き方は、
不眠不休で事故の対応に追われている現場の所長と、
現場に負担をかけてでも視察を行った総理という対比です。

爆発を止めるため、圧力容器の圧力を下げるベント作業に関して、
タイミングを測っていた所長と、ベントを急いた総理という構図です。

別の見方をすれば、
現場の状況や情報が判らず、事態を把握できないなか指揮を執った総理と、
混乱し、状況を報告する余裕が無い現場の態勢との間で起きた齟齬でしょう。

現場と官邸との間に、意思の疎通を図る機能が存在していれば、
このような問題は起きなかったと思われます。

このように、ドラマが正確に事実の判明していない時点で上書きをして、
既成事実化させてしまうことの危険性を危惧しています。


そして、ドラマ仕立てで観ると、
当事者は、事故に対応した所長をはじめ作業員であるように見えます。

まるで、事故に対応した男たちの人間ドラマを描いているようです。
つい、感情移入して同化作用が起こります。

しかし、
福島第一原発で、命懸けで困難な作業に従事してくださった方々を
貶める気持ちがないことだけは申しあげておきますが、
事故対応してくださった方々や東京電力だけが当事者ではないでしょう?

少なくとも、あの88時間内で起こっていたことを知らされずにいた、
福島県浜通りの人々、福島県をはじめとした東日本に住んでいる人々、
もっといえば全国民、全世界の人々が当事者なのです。

以下は、
番組が紹介した、事故調査委員会の調査に応じた所長の証言です。

「飛行機を計器を全て消した状態で操縦しろと言われていうようなもの」

「俺と死ぬのはどいつだ」

「イメージは東日本壊滅ですよ」

「あとは神さまに祈るだけ」


わたしは、
きょうの時点で、この国の人たちにとって過去最大の危機だったあの出来事が、
上書きされないことだけを願っています。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2680-5784a9a4
    この記事へのトラックバック


    最新記事