下流老人

2016年03月05日 23:59

下流老人

散歩していても、買物をしたりします。

きょうは、散歩の途中で書店に寄って、
読みたいと思っていた本を買いました。

そして、早速、読んでみました。


藤田孝典・著(朝日新書
下流老人 一億総老後崩壊の衝撃

まさに衝撃的なタイトルであります。

日本では、
憲法で(第14条)法の下の平等が規定されていますから、
“階級”は存在しないはずです。

したがって、ここで云う“階級”とは、
“財産”や“年収”で測れる経済的階級を指すものと思われます。


ところで、
貴方は、上流階級、中流階級、下流階級、に分けると、どの階級ですか?

上流階級、中流階級、下流階級を、
セレブ、庶民、貧乏人と言い換えると判りやすいかもしれません。

実は、
一昨年実施された内閣府による世論調査では、
「中の上」「中の中」「中の下」と答えた人が、
全体の約90%を超えていたのだそうです。

「一億総中流意識」はつづいているのであります。

ところが現実には、
貧困がヒタヒタと静かに蔓延していることが、この本を読むと解ります。

オチは、ありません。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2668-faffada9
    この記事へのトラックバック


    最新記事