きょうもまた落ちた犬

2016年02月12日 21:00

連日、“水に落ちた犬を叩く”ような話題で恐縮です。

きょうの“落ちた犬”は、
女性タレントと不倫したことを理由に、辞職を発表した国会議員であります。

不倫が原因で議員辞職したという前例はないのだそうで、
今回が、憲政史上初めてのケースになるのだとか。

しかし、
これが只の不倫じゃなかっところも初めてなのかもしれません。

では、なにが只の不倫じゃなかったかと云えば、
まず、この議員が、国会議員として「育児休業を申請する」と発言し、
国会の内外に物議を醸していたことが挙げられるでしょう。

男女共同参画の視点から、
民間企業で働く男性の育児休業取得率は、まだ2%と謂われていますが、
結婚している女性が働ける環境向上の点からも、少子化対策としても、
既婚男性の育児休業は直近の課題です。

それだけに、応援や期待をする向きも多かったこの議員の発言でしたが、
いまとなっては、空しいパフォーマンスだったと思わざるを得ません。

そして、もう一つの特徴は、
その議員とタレントの不倫が、妻の妊娠出産の時期と重なったことでしょう。

初対面を含めて3回しか会っていなかったという二人ですが、
妻が入院中の京都の自宅に、議員がタレントを招き入れたのが3回目のとき。

その絶好のタイミングを取材していたのが、
このところスクープがつづいている、あの週刊文春だったのだそうで、
天網恢恢疎にして漏らさずといったところでしょうか。

表では、育児休業を宣言する男気を見せながら、
裏では、妻が出産のために入院している間の不倫。
これでは、国会議員としても家庭人としても人としても、
非難を免れられないのは当然であります。

でも、
ここで一つの疑問が・・・?

じゃあ、育児休業宣言をしていなかったら?
じゃあ、妻の出産入院中でなかったとしたら?
つまり、只の不倫だったら・・・どうだったんでしょうね?
議員を辞めていたでしょうか?

そこですよ。

たぶん、只の不倫だったら、
この国の政治の現場では、赦されちゃうことなんじゃないですか?

だって、
不倫した国会議員は、辞職しなければいけないことになったら、
いまの国会議員のうち、一体何人残ることになるんでしょう?



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2645-7d6fcc36
    この記事へのトラックバック


    最新記事