仏違い

2016年01月20日 21:12

洗い観音

貴方は、
巣鴨(すがも)」と聞いたら、「ナニ」を連想しますか?

「信用金庫」ですか?
「創価学会の戸田記念講堂」ですか?
「おばあちゃんたちの原宿・巣鴨地蔵通り商店街」ですか?
とげぬき地蔵」と答える人も多いことでしょう。

そう!
その巣鴨の代名詞でもあるお地蔵様(通称・とげぬき地蔵)ですが、
巣鴨の高岩寺のご本尊であらせられます。

病の治癒にご利益があるとされおりまして、年中参拝者が絶えません。
本来の御名を延命地蔵菩薩様と申されますが、通称はとげぬき地蔵様。
とげぬき地蔵様は、秘仏につき“非公開”とされております。

すると、
「じゃあ参拝者が列をなして洗ったり拭いたりして拝んでいるのは?」
そんな疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないですか?

そう!皆さんがよく勘違いされているのですが、
あれはご本尊のとげぬき地蔵様ではなく、
「通称・洗い観音」と呼ばれている観音様です。

この観音様も、治癒したい部分と相応の観音様の御身体を洗うと、
御利益が得られると謂われています。

つまり、
人違いならぬ“仏違い”であります。


さて、上に載せた写真は、
去年のきょう撮った、洗い観音を洗っている女子高校生たちです。

お節介なことに、Facebookが、
「1年前の投稿を振り返ってみよう。」と云って載せてくれた写真です。

そこで気づいたのですが、わたしは去年のきょうも巣鴨に来ていました。
そして偶然ですが、きょうも巣鴨に行ったのでした。図らずもです。

去年も、きょうも、
胃の内視鏡検査の予約を入れに主治医の病院を訪ねたのでした。
早いもので、もう一年が経ったというワケです。

わたしは、御陰様でこの一年、大病もせずに過ごしました。

去年、何処を洗ったのか判りませんが、
あの女子高校生たちは元気で過ごしているでしょうか?




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2623-7d9d6af8
    この記事へのトラックバック


    最新記事