あまりにもしづけき神

2016年01月12日 23:59

戦争が終わり、或る兵士が除隊してすぐ、
お伊勢参りをしたのだそうです。

実際に人を殺したことはなくとも、
毎日、敵を殺すことばかり覚悟して生きてきた青年でした。


伊勢神宮の内宮前の砂の上に膝まづいて、
悔しいような、恥ずかしいような気持ちで、
祈るといわず、ご託宣を乞うたのだそうです。


戦争中、何度もなんども、
合言葉のように、必ず神風が吹くという話を聞いていたが、
あれはなんだったのか・・・。


これほど多くの人が死んだ戦争とは、なんだったのか・・・。


これから先、こんな私はどうやって生きていったらよいのか・・・。


聖なるしじまの中で、悶々と考えながら祈ったのだそうです。




しかし、

神は、なにもお応えになってはくださらない。




神よ・・

あまりにもつれないじゃありませんか・・・

こんなとき、なにか言ってくださいよ・・・。



あまりにも しづけき神ぞ 血ぬられし 手もて贖ふ すべををしえよ

そのときに、岡野弘彦さんが詠まれた歌です。



ですから、
わたしが如き不信心者に、神も仏もお応えくださらないのは、
当然のことといったら、当然のことなのです。



 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2614-2c629560
    この記事へのトラックバック


    最新記事