年中さんの反抗期

2015年12月19日 18:59

5歳児①

昨日は、幼稚園の終園式でしたが、
園長先生から、年中組の子の“或る傾向”について、お話があったのだそうです。

その要点は、
その“傾向”は、年中のこどもの通過点だから特別な目で見ないで、というものです。


さて、
5歳児には、“年中さんの反抗期”とも謂われる反抗期があるのだそうです。

“癇癪の1歳”、“魔の2歳児”、“悪魔の3歳児”、或いは、“道の草にも嫌がられる3歳児”、
“口達者の4歳児”、そして、“5歳児の反抗期(年中さんの反抗期)”とつづきます。

このように、
幼児期のこどもは、年齢ごとの“傾向”があるのだそうです。

5歳児②

例えが適切ではないかもしれませんが、
マンションの部屋で飼われているネコは、
自分と人間の区別がつかないという話を聴いたことがあります。

少子化で、こどもが少ない家庭環境や地域環境下で、
こどもが居ない大人の中で育つ子が多いなか、こどもにとって、
自分と大人との区別がつきにくい状況が生じています。

しかし、5歳ともなると、
保育園や幼稚園、幼児教室などで、それなりに社会を経験します。

人と交流する機会が増えて語彙も増え、会話が上手になった分、
憎まれ口や悪口を云ったり、口答えをするようになります。
場合によっては、手が出たり、足が出たりすることもあります。

何事も、自分で決めようとしたり、仕切ろうとしたり、指図したりします。
そんな子たちが集団になれば、もめ事も増えるワケです。

家庭では優先順位の高い存在であるこども(ネコ)たちです。
そんなこどもが社会に出て経験する最初のしがらみでしょう。

ここはひとつ、まずは“誰もが通る道”だと知って、
時には正面から向き合い、時には適当にスルーして、
生意気な5歳児を楽しむくらいの心づもりでいこうと思います。

“いましか”生意気な5歳児の反抗は、楽しめませんからね。

5歳児③


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2590-71310f60
    この記事へのトラックバック


    最新記事