絶滅寸前

2015年12月11日 14:39

小沢昭一さん

文芸坐で、「小沢昭一主演名作映画祭」をやったときに撮られた写真です。

小沢昭一さんは、
「名作じゃなく、不名作映画です」とおっしゃったんだそうです。
多分、自信と誇りをもって、「不名作映画」だとおっしゃりたかったのでしょう。


さて、
ここに写っている義父は、昭和3年生まれです。

実家の父は、
昭和4年生まれで、15歳のときに志願して予科練に行きました。

小沢昭一さんも、昭和4年のお生まれですが、
3年前の12月10日にお亡くなりになりました。
12月10日は、わたしの誕生日です。

一昨日、
12月9日に亡くなられた野坂昭如さんは、昭和5年のお生まれです。

昭和8年生まれの、永六輔さんが、
「ボクは学童疎開世代、野坂さんは学徒動員世代、小沢さんは学徒出陣世代」
そんな冗談を云っていらっしゃったことがありますが、
僅かな年齢の差が、その人生に直接影響を与えたことは間違いありません。
世代で云えば、昭和一桁という同じ世代でしょう。

戦争の時代に生まれ、戦争に傷つき、食えない戦後を生きた人たちです。
また、この国を復興させた人たちでもあります。

その世代のモチベーションが、
戦争と戦後からの脱却と非戦であったことは共通していると、わたしは思います。

しかし、
同時に、いずれ昭和一桁世代が負った戦争と戦後の傷は、
その人たちの人生に一生つきまとったことでしょう。

昭和9年お生まれの、
愛川欣也さんも、ことし4月に亡くなられました。

義父も父もまだ元気でいてくれますが、昭和一桁世代は絶滅寸前であります。

野坂さんの訃報に接し、一抹の焦りを感じています。

合掌




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2579-eea800eb
    この記事へのトラックバック


    最新記事