日本女子大の刀自

2015年12月09日 22:53

楓

あさの連続テレビ小説「あさが来た!」の主人公のモデル
広岡浅子女史が、その創立に深く関わった日本女子大学は、
広岡浅子女史を産みの母に譬えるなら、父は成瀬仁蔵先生でしょう。

日本で初めて、
組織的な女子高等教育機関として誕生した日本女子大学

その建学の精神は、
「女子を人として教育すること」
「女子を婦人として教育すること」
「女子を国民として教育すること」でした。

成瀬仁蔵先生と広岡浅子女史は、
本学を創設しただけでなく、卒業生の団体「桜楓会」を設立しました。
その「桜楓会」は、一般的な同窓会ではありません。

成瀬仁蔵先生は、
女子の生涯教育を「桜楓樹」という図で表しておられます。

その図では、日本女子大学校を樹木の根、
桜楓会は樹木本体として表されています。

人生の春に門出した女性たちが、人生の秋を迎えるまでの間、
女性の生涯教育の実践の場として機能する組織を創ろうとしたのでしょう。

うちのかみさんも、「桜楓会」でフラダンスを教えていました。
いま我が家に来ているフラダンスの生徒さんたちの多くも、
各界で活躍している日本女子大の卒業生の皆さん。
広岡浅子刀自の娘たちであります。

楓が紅葉して綺麗な季節になりました。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2577-becfa780
    この記事へのトラックバック


    最新記事