柳原白蓮

2015年11月07日 23:59

柳原白蓮の生涯展

柳原白蓮の生涯展
きのうから、池袋西武本店でやってます。


むかし、
柳原白蓮について、少し調べたことがありました。

前職の演劇制作体に勤めていた頃、
或る作品で、九州を旅公演していたときです。

或る公演地でのこと。
開演前の楽屋で松井須磨子役を主演していた女優に、
柳原白蓮に関する本を探していると相談されました。

そこで、
開演してから、書店を探してお目当ての本を買い、
休憩までに楽屋の化粧前に置いておきましたところ、
休憩で楽屋に戻ってきた女優に大層喜ばれました。

その女優が、なぜ柳原白蓮の本を探していたのか、
わたしは知っていたのでした。

その頃、演劇制作体が、
その女優に、柳原白蓮を演じる作品のオファーをしていたからです。

それで、わたしも少しだけ柳原白蓮について調べてみました。

その女優が主演して、柳原白蓮が主人公の作品が上演されたのは、
その2年後のことでした。

松井須磨子柳原白蓮伊藤野枝・・・。
この女優は、いずれ波乱の生涯を生きた人間を演じさせたら、
天下一品の名女優であります。


さて、
その女優が演じた波乱万丈の人生を生きた女性たちは、
皆大正時代に生きていた人たちです。

松井須磨子は、
1919年(大正8年)に愛人であった島村抱月の後を追って自死しました。

伊藤野枝は、
1923年(大正12年)に、愛人であった大杉栄と共に憲兵の拷問によって頓死。

こうして、二人の女性が亡くなったその時代。
1920年1月、柳原白蓮は、のちに駆け落ちをする宮崎龍介に出会います。

出会いが恋に発展し逢瀬を重ねるようになるまで、
長い時間はかかりませんでした。

そして、
出会いから2年も経たない1921年(大正10年)10月、
柳原白蓮宮崎龍介と駆け落ちしたのです。
世に言う白蓮事件です。

日本に姦通罪があったこの時代、道ならぬ恋は命懸けでありました。

出生から、その人が一生を終えるまで、
これほどに波乱万丈な生涯を生きた女性が、他にいたでしょうか?
いたでしょうね・・・たぶん。 わたしが、知らないだけです。

しかし、
そんな物語は、人を愛することのリスクを厭わず人を精一杯愛し、
精一杯生きた人の物語だからこそ、後世の人々の心を揺さぶるのです。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2545-6cc43448
    この記事へのトラックバック


    最新記事