一人でお風呂

2015年11月06日 23:59

サングラス少女

フェイスブックが、
ご親切なことに、去年のきょう載せた写真を教えてくれました。

“あれから”一年経ったのだなぁ・・と、感慨に浸りました。

写真は、去年の11月6日に撮ったものです。


ところで、
幼児が事故に遭う(起こす)確率が高い場所は、風呂場だそうです。

その事故のほとんどは、入浴中に起こるといいます。

幼児が一人で入浴していたワケではないようですが、
ちょっと下着を取りに行ったスキに、
シャンプーしている間に、
ガスのスイッチを入れて戻ってみると、
転倒したり、溺れたり、事故が起こっていたというのです。

すべて、ちょっと目を離したスキに事故は起こったのです。

考えてみれば、風呂場というのは、
滑りやすく、水の危険や熱湯の危険、誤飲の危険がある場所です。


我が家でも、
5歳児と毎日いっしょに風呂に入っていますが、
まだまだ、目を離すことができません。

それでも、
「見ててよぉ」と云いながらも、
最近は、なんでも自分でやれるようになりました。

身体を洗うことも、シャンプーもコンディショニングも、歯磨きも、
そして、手を貸さずにバスタブを跨ぐことも自分でできます。

入浴のあとも、
身体や髪の毛を拭き、ドライヤーで乾かしてブラッシングするまで
自分でやろうとします。

それでも、目を離すことはできませんから、
湯船に浸かりながら見守っておりますと、
自身の身体を洗う間もなく、のぼせそうになったり、
湯上りに髪を乾かす間待っていて、湯冷めしそうになったり、
本当に独りでなんでもできるようになってしまうまでの、
残り僅かな間、それを楽しんでおります。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2544-370660fc
    この記事へのトラックバック


    最新記事