木の葉の旅

2015年11月01日 23:59

白山祭①

11月1日の日曜日、
都内の大学の多くで学園祭が行われました。

そこで、
きょうは、文京区白山に在る東洋大学の学園祭「白山祭」に行ってきました。

タイムリーなことに、
東洋大学は、きょう行われた第47回全日本大学駅伝対校選手権で、
本命の青山学院大学を破って、5時間13分4秒で初優勝しました。

白山と云えば、
東洋思想や陽明学を極められた安岡正篤先生のご自宅や、
安岡先生の私塾である金雞学院が在ったところでもあります。

東洋大学の創設者・井上圓了も、
「諸学の基礎は哲学にあり」と説き、
それが東洋大学の建学の精神だと謂われています。

白山祭④

さて、
なぜ白山祭に来たのかと申しますと、
まご娘の描いた絵が、展示されていると聞いたからです。

白山祭③

幼稚園ごとに展示されている中に、まご娘の絵も有りました。

テーマは、「将来の夢」だったのだそうで、
まご娘の絵には、「かつらをかぶること」と書いてあります。

どうも、日本舞踊を踊っている自らを描いたようですが、
小さく描かれた人は、附け打ちさんのようです。

白山祭②

「ジィジ、だいがくってなぁに?」
まご娘が訊ねました。

「幼稚園が終わったら、なんていう学校に行くんだっけ?」

「しょうがっこう・・」

「そう!小学校へ6年行くの。次に中学校へ3年。高等学校へ3年。
 そして、最後に大学という学校に行くんだよ」

白山祭⑥

まご娘に説明しながら、
一生学びだとは申しますが、大学までの年月を数えて、
愕然としたジィジでした。

まご娘が学ぶ年月は、
長い旅をする木の葉のように、先の長いものであります。
この小さな木の葉は、無事大海へとたどり着くでしょうか?

白山祭⑤


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2539-76c076ad
    この記事へのトラックバック


    最新記事