死すときの記録

2015年10月29日 23:59

むかし、演劇科の学生時代のことでしたが、
狂言の授業を、井上靖さんと学長・生江義男先生が、
中国の、日本でいう文化庁長官一行を案内して観にいらしたことがありました。

井上靖(やすし)さんと、井上ひさしさんを間違えている輩もおりましたが、
重々しく狂言の授業が始まりました。

舞を披露する段になって、
舞を担当する学生が、静々と稽古場の中央に進み出ました。

扇を構え、立ち上がろうとした途端でした。
その男は、“お見事!”と叫びたくなるくらい鮮やかに転んだのでした。

ご一行を迎えるために、長い時間正座をしてお待ちしていたために、
足が痺れていたのでした。

しかし、
それがキッカケとなって、ご一行も井上靖さんも、生江先生も爆笑し、
その後、和やかな雰囲気で授業は進行したのでした。

あとで聴いたところでは、
その中国の“文化庁長官”は、所謂“笑わぬ殿下”で有名な方だったのだそうです。


さて、
そんな視察が実現したのも、生江義男学長と井上靖さんが、
所謂シルクロードの歴史研究者だったことからでした。

井上靖さんの小説「敦煌」は有名です。

その井上靖さんは、
古今東西の歴史を調べてみると、文明や王国の成立や繁栄を記した、
記録や資料はあるものの、衰退したり消滅した記録や資料は、
見つからないものだという主旨のことをおっしゃっています。

その一例が敦煌です。

そしてまた、
一人の人間の記録も同じで、
誕生した記録や成長した記録、生きているときの記録は存在しても、
死すときの記録は、曖昧なものになってしまうものだとおっしゃっています。

たとえ、遺書が存在しても、その遺書そのものが正確さを欠くのだといいます。


さて、
生きた証とは、死を描いてこそ正確なものと云えるのだとしたら、
わたしは、出来得る限り、わたしの死を正確に遺したいと思います。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2536-f1a3fb22
    この記事へのトラックバック


    最新記事