創立50周年記念

2015年10月11日 23:06

演劇科同窓会

母校の50周年記念パーティーに行ってきました。


あれは、
1979年の秋頃のことだったと思います。

当時、教務の演劇科担当だったKさんが、
実習室の外で、わたしに手招きしてこう云いました。

「まだ内緒なんだけど、新しい校舎が建つことが決まった」


わたしたちが、入学するときに試験を受けた会場は、
2号館といって、それでも鉄筋コンクリート構造の建物でしたが、
そこは、主に当時有った日文・英文科が使っていた校舎でした。

演劇科の学び舎は、2号館の裏手に在って、
旧い幼稚園の建物を一部利用してプレハブで増築した
第1から第4実習室からなる場所でした。

入学して、
初めて演劇科の学び舎を見たときには、みんな驚いたものです。


母校・演劇科は短期大学ですが、
そのとき、わたしは卒業後専攻科に進んでおりました。

「ホントですか!?いつ建つんですか?」

来年にはプレハブを壊して仮実習室を建て、
新しい校舎は再来年には完成するという話でした。

わたしが在学中に完成することがないことは判りましたが、
新しい実習室や劇場が完成することは喜びでした。

その時点では、公表されていない計画でしたが、
新校舎は、歴代の演劇科自治会の悲願でもありましたので、
Kさんは自治会長を経験したわたしに、内緒で教えてくれたのです。


その翌年の春、
その年卒業する13期生の追い出しコンパが計画されていました。

そこで、その催しを企画している14期の実行委員たちを集めて、
追い出しコンパと併せた実習室のさよならパーティーを提案しました。

そして、
卒業生も、各期何名ずつかを招待して、
「プレハブさよならパーティー」が行われたのでした。

それは、
1期から12期までの卒業生と卒業したての13期生、
そして在校生が一堂に会した初めての集まりでした。

その催しがキッカケとなって同窓会を創ろうという話が起き、
わたしは、それまでの経緯から、その準備委員となり、
演劇科同窓会を立ち上げました。

1981年、
演劇科の新しい実習室と劇場が入る校舎が完成し、演劇科同窓会も創立され、
わたしは、同窓会執行部の事務局長を長年務めることになったのでした。

現在同窓会は、三代目の会長を中心に活動しています。

その会長を、現在うちのかみさんが担っているのですが、
現役同窓会執行部と家庭が、円満に運営されるように、
わたしは、一切口出ししないことにしております。


きょうは、
その同窓会執行部と歴代の同窓会役員数名ずつが招待されました。

音楽と演劇からなる芸術科が創立されて、来年で50年ということで、
それに先駆けて短大が主催したパーティーでした。


こういった具合に、
熱い思いと矜持に守られて50周年があります。
50年の間には、いろいろなエピソードがあったというワケです。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2517-2ef5205d
    この記事へのトラックバック


    最新記事