転ばぬ先の杖

2015年09月22日 23:59

杖

18年前の1997年(平成9年)に、
かみさんの母が亡くなって以降、運動を止めてしまった父ですが、
それでも身体が丈夫にできているとみえて、元気に過ごしております。

むかしは、よくスポーツクラブに通って、走ったり、泳いだりしていました。

いまは毎日、
映画館に出かけて行ったり、映画の専門チャンネルで映画を数本観るという、
そんな生活をつづけておりますので、ほとんど身体を動かしていません。

その所為で、足が弱ってきました。
腰が曲がり、前傾して歩くようになりました。

そこで、“転ばぬ先の杖”というワケで、かみさんが杖を買って渡しました。

きょうは、秋のお彼岸ですから、みんなでお墓参り。
きょうが、父のステッキデビューの日になりました。
きょうは、そんな記念の日であります。

わたしもいつか、杖をつくようになる日があるのかもしれませんが、
87歳にしてステッキデビューする自信はありませんケドね。

父にとって彼岸は、まだかなり遠そうです。

秋のお彼岸


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2498-b9d1229c
    この記事へのトラックバック


    最新記事