戦前回帰

2015年09月19日 23:59

国家

わたしもまた、暗澹とした気持ちで一日を送りました。


この状態を端的に表すならば、
この国の“戦後”は70年経ったいま終わり、
この国は“戦前”にシフトしたのだということです。


実際に、自衛隊が出動する事態が起こるかどうか、
紛争や戦争の当事国になるかどうかは、判りません。

ただ、はっきりしていることは、
70年前に戦争に懲り懲りした日本人が、二度と戦争をする国にはならない
とした日本人のメンタリティーを変えてしまったということでしょうか。

その意味では、戦後レジームが変わってしまったのでしょう。


今回のことで、
国権を発動して、戦争したり、武力を用いた威嚇や武力の行使は、
国と国の問題を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
としてきた
日本の建前が、実は「安全保障」「抑止力」といったアメリカの軍事力に頼って
成り立っていたことを、世界に向けてあからさまに暴露してしまったのです。

これは、
“あの戦争”を総括することなく、建前と現実との矛盾を、
平和繁栄を享受するために放置してきたツケなのかもしれません。


これから、
わたしや、わたしの家族や、未来の人たちは、“戦前”を生きることになりました。
これは、妄想や誇張ではありません。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2495-11bd5443
    この記事へのトラックバック


    最新記事