ヘクソカズラ

2015年09月07日 23:59

ヘクソカズラ

この季節、野山を散策していますと、
この可憐な蔓花を見つけることがあります。

ヘクソカズラという名の花ですが、屁糞葛とは・・、
その容姿からは想像できない名がつけられたものです。

そんな名がついたのは、
実際にこの花が臭気を放つからだというのですが、
わたしは、子供の頃からイヤな匂いだと思ったことがありません。

タイ料理では、「パクチー」、中華料理では、「シャンツァイ」、
英語名で言う、「コリアンダー」を初めて食したときには、
驚いて「ドクダミを食った」と思ったものでした。

生のドクダミの葉など食べたことなどなかったのにです。

しかし、
いまでは、サラダにして食したいほど好物になりました。

ですから、
最初は臭い思っても、それが“匂い”のままで終わるのか、
それとも“香り”になるかは判りませんよ。

その花が臭気を放つのには、
獣や虫を寄せつけないとか、何らかの理由があるのでしょう。
自己防衛の術なのかもしれませんよ。

「美しい花には毒がある」って言うじゃありませんか。
毒に比べれば、臭いくらいのことは大したことじゃありません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2483-c329673f
    この記事へのトラックバック


    最新記事