何年経っても・・

2015年08月12日 18:56

もうじき、18時56分です。

日本航空123便御巣鷹の尾根に墜落した事故から、きょうで30年ですね。

30年前の8月12日夜の、
ジャンボ機が消息不明という第一報から長い時間、
墜落現場が特定されなかったという記憶があります。

群馬県の上野村の御巣鷹山の尾根に墜落しているという報道は、
13日の朝になってからでした。

その8月13日の朝、
ワゴン車で、友人たちとその子どもたちを乗せて、
新潟の六日町に滞在中のT先輩の山荘へ向かう途中、
群馬県内の関越自動車道を走りながら、ラジオを聴いていました。

その時間、12日夜から山中を探し回っていた雑誌記者のI先輩は、
墜落現場にたどり着いて、惨状を目の当りにしていたそうです。

その時点では、
123便に坂本九さんが乗っていたことを知りませんでした。


さて、
きのうは11日で、月忌命日でしたね。

4年5ヶ月経っても、30年経っても、70年経っても、何年経っても、
亡くなった方や、そのご家族の悲しみは変らないことでしょう。

しかし、
何年経っても、悲しみを忘れることはないのかもしれませんが、
歌が心を癒してくれることが、少しはあるかもしれませんよ。

上を向いて歩こう

見上げてごらん夜の星を



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2456-de363f5d
    この記事へのトラックバック


    最新記事