無償の愛

2015年07月21日 23:59

みどり

「だっこしてぇ~」  「いっしょにあそぼ~」、

「ほっといて!」  「じぶんでできるっていってるでしょ

毎日、5歳のまご娘に振り回されております。


子育ては、或る意味修行であります。
間合い、タイミング、強弱、キャッチボール・・・奥深いものです。

ところで、まご娘と暮らしていると、
世話を焼くことを生きがいにしているのではないかと思うときがあります。
まご娘は生きがいですが、まご娘の世話を生きがいにはしたくありません。

共依存という人間関係があります。

元々は、
アルコール依存症を患っている人の夫婦関係に顕著な傾向を指すのだそうです。
アルコール依存症の人は、その家族や伴侶に大いに迷惑をかけますが、
伴侶が相手の尻拭いや支援に自らの存在価値を過大に感じてしまうことがあります。
そんな関係を指すようです。

共依存関係は、夫婦でも恋人でも兄妹でも親子でも起こるようです。
友人同士でも起こることがあるでしょう。

共依存関係は、
その人のためだと思いながら、実は自分の存在意義や価値を見出すための
手段にしてしまっているのが特徴のようです。

しかし、
一旦、共依存関係が壊れてしまいますと、
奉仕した側の奉仕された側に対する感情や態度が一変することがあります。
可愛さ余って憎さ百倍というやつでしょうか?

ですから、自問自答します。
わたしは、この子からなにか見返りを求めていないか?
この子のためだと思いながら、自分の都合や思いを押し付けていないか?

・・・幸いにして、それはありません。

日々、愛することの幸せを感じております。
愛することができればそれだけで幸せなのですから、見返りは要りません。
愛されていなかったら哀しいですが、愛されることを欲していません。

しかし、
愛してほしい、愛してほしかったという人もいます。
愛してあげたのだから、愛してほしいという見返りを期待しているのです。

そんな愛情は、長続きしません。
愛情という理由で、相手を支配したいだけなのです。

わたしは、わたしの家族や友人たちを愛しています。
そして、愛することができた幸せを感じています。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2432-f1f18988
    この記事へのトラックバック


    最新記事