「3びきのかわいいオオカミ」

2015年07月16日 23:59

「3びきのかわいいオオカミ」

保育園の園長さんをやっている友人から、
3びきのかわいいオオカミ」という絵本をいただきました。

以下、ネタバレですが、
お子さんにこの絵本を買い与えた場合、ネタを明かさないでくださいね。


3びきの子どもオオカミの兄弟が、
おかあさんから離れて、自立して暮らすことになりました。

兄弟は、
自分たちの家を作ることにします。

兄弟は、
カンガルーからもらったレンガで家を作りました。

ところが、悪ブタがやってきて、「中に入れろ」と怒鳴りました。
イヤだと言うと、悪ブタはハンマーで家を壊してしまいました。

兄弟は、
今度は、ビーバーからもらったコンクリートで家を作りました。

すると、また悪ブタがやってきて、「中に入れろ」と云います。
断ると、悪ブタはドリルを持ってきて家を壊してしまいます。

次に兄弟は、
サイから、鉄条網と鉄骨と鉄板と重い鉄の南京錠をもらって家を建てました。
しかし、今度は悪ブタにダイナマイトで爆破されてしまいました。

兄弟が、ナニで家を作ったらよいか考えあぐねていると、
フラミンゴが、花をいっぱい積んでやってきました。

そこで、3びきのオオカミの兄弟は、
フラミンゴから、どっさり花を分けてもらって、花の家を建てました。

すると、やはり悪ブタがやってきて、「中に入れろ」と要求しました。
兄弟が断ると、悪ブタは家を壊そうとしますが、花の香りに癒されて、
優しいブタに変わってしまいました。

そして、
オオカミの兄弟は、ブタと仲良く暮らしましたとサ。

めでたし、めでたし。


きっと、
オオカミとブタは共存できないだろうと考える人たちがいるでしょう。

悪が花で癒されるとは限らないと言う人たちもいるでしょう。

しかし、
レンガやコンクリートや鉄板で囲って、相手を招き入れない国よりも、
花でもてなす国でありたいと考えている人が、この国には大勢いると、
わたしは思います。

それが、
この国が、70年前に終わった戦争から得た唯一のリソースだからです。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2427-5507a87e
    この記事へのトラックバック


    最新記事