FC2ブログ

本末転倒

2015年06月30日 22:39

オリンピックの発祥の地はアテネですが、
近代オリンピック(夏季)の第1回は、1896年にアテネで開催されました。

そのアテネを首都にもつギリシャが大変です。

2009年に財政赤字の隠蔽が明らかになって以来、
急速にギリシャの信用は失墜しました。

そこで、
財政再建策として大幅な増税と、公務員の給与カットが行われましたが、
就労人口の4分の1が公務員と謂われるギリシャの国民が怒って、
デモやストライキで対抗して、更に混乱が拡大してしまいました。

そして、ここにきて国際通貨基金(IMF)に対する債務返済が、
6月30日の期限までに履行できない可能性が高まっています。
所謂、デフォルト(債務不履行)というやつです。

ギリシャ危機の影響は、
日本でも、株価が急速に下落したことからも明らかですが、
もしデフォルトが起こったら、世界に大混乱が生じることでしょう。


ところで、
文部科学大臣が、新国立競技場の建設計画を正式に発表したそうです。
新国立競技場の総工費は、当初の1,300億円から二転三転しましたが、
今回、正式に発表された総工費は、2,520億円に膨らんでいます。

新国立競技場のデザインで特徴的な流線型のキールアーチだけで、
1,500億円かかるのだそうです。

2008年の北京オリンピックの場合、メインスタジアム全体で540億円、
2012年のロンドンオリンピックは610億円かかったのだそうですが、
それらの金額と比較しても、2,520億円とか1,500億円は破格です。

2,520億円有ったら、
東日本大震災の復興予算に回したらいいと思うのは、
国民として、当然の感情でしょう。

さて、新国立競技場の財源は、
スポーツ振興くじの売り上げからも確保するというのですが、本来
「トップレベルの選手の国際的競技力向上のための環境の整備」
を目的としているtotoの売り上げですから、
選手の強化予算を“箱代”に使うのは、本末転倒というものでしょう。

競技場に屋根がないと雨が降ったら困るというなら、
8万人収容できるとして、100円傘を配っても800万円です。
252,000,000,000÷8,000,000=3,150ですから、
2,520億円あれば、3,150回雨が降っても傘が配れます。

2,520億円なんてお金があるのなら、
ギリシャ国際通貨基金に対する債務は、
15億ユーロ(日本円で約2,100億円)だそうですから、
ギリシャはオリンピック発祥の国でもありますし、
いっそ貸してあげたらいかがでしょうか?


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2410-a7527b72
    この記事へのトラックバック


    最新記事