いいから いいから

2015年06月19日 23:59

いいから いいから

あるときは、かみなりの親子が天から堕ちてきて、
あるときは、温泉旅行に行った旅館で幽霊が出て、
あるときは、散歩をしていたら貧乏神と出会って、
あるときは、おとうさんが忍者を連れて帰ってきて、
それで・・・、
おじいちゃんとぼくがどうしたかというお話。

だれでもかれでも、「いいから いいから」と受け容れてしまう、おじいちゃん。
なんでもかんでも、「いいから いいから」と許してしまう、おじいちゃん。

絵本作家・長谷川義史さんの代表作「いいから いいから」シリーズです。

保育園には、「いいから いいから」の①だけがあると云うので、
①から④まで買い揃えましたら、さっそくパパに読み聞かせをしています。

階下で、「い~から い~から」と、読む声が聴こえています。
なんとも芝居っ気たっぷりの「い~から い~から」です。


さて、長谷川義史さんには、
「へいわってすてきだね」という絵本もあります。

与那国島の小学1年生の男の子が書いた詩をもとにしている絵本です。
戦争のない沖縄の平和が、ずっとつづいてほしいと願う詩です。

なんでもかんでも、「いいから いいから」と、許すことはできません。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2399-7d5df2da
    この記事へのトラックバック


    最新記事