馬鈴薯

2015年06月16日 20:16

カレー

わたしが育った静岡県浜松市の北方に広がる三方原台地は、
戦後、開拓農民が入植した開拓地です。

我が家は、
みかん農園を創るべく、1958年(昭和33年)に入植しましたが、
他にも、野菜やメロン、お茶や養豚など多彩な農家が開拓に加わりました。

なかでも、三方原台地の名産品といえば、馬鈴薯でしょう。
馬鈴薯、つまりジャガイモです。

戦前の大正期から作付されていたというジャガイモは、
日本では、三方原台地が発祥の地ではないでしょうか?

三方原台地は、酸性土壌の赤土です。

酸性が強くやせた赤土と、
台地の豊富な日照量がジャガイモ作りに適していたのでしょう。

野菜農家だけでなく、
むかしはどの農家でも自家用のジャガイモやサツマイモを作っていました。

煮物にしたり、味噌汁の具にしたり、蒸かしイモにして食しました。
経済的に苦労していた家族の栄養を、少なからず補ってくれたのが、
ジャガイモだったのです。

さて、
なぜ、ジャガイモのことを書いているのかと申しますと、
きょうは、保育園の「イモ掘り」が行われまして、
まご娘が、農園でジャガイモを掘って帰ってきたものですから、
むかしのことを想い出したというワケであります。

本日の収穫は、
カレーとフライドポテトにして、家族みんなに供せられました。

フライドポテト




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2396-3a10537c
    この記事へのトラックバック


    最新記事