バリアフリー

2015年06月14日 23:59

新神戸

先日、池袋駅で新幹線のチケットを購入したときのことです。

わたしは、品川から新幹線に乗り、
浜松で父が乗って、名古屋で妹が乗って新神戸まで行くチケットです。
それを往復で購入しました。

窓口の駅員さんは、
私の注文を正確に理解して、足が不自由な父のために、
出入り口と多目的トイレに一番近い席を押さえてくれました。


ところで、
池袋駅は、JR東日本という会社です。
浜松駅は、JR東海という会社です。
新神戸は、JR西日本という会社です。

新幹線は、その先九州まで一本につながっていますが、
会社は分割されているわけです。

妹が、父の車椅子を借りるために、駅に電話をかけました。

事情を説明して、
駅での乗り降りの際に車椅子を拝借したい旨伝えたのですが、
いま一つ要領を得なかったのだそうです。
乗る駅と、乗る新幹線と、降りる駅それぞれの会社が違うからです。

でも、実際の現場では、
お陰さまで、駅員さんや車掌さんにご親切にしていただき、
スムーズに事が運びました。

しかし、新幹線を降りてJRの高速バスに乗り換える際のことですが、
バス乗り場まで車椅子を使わせていただこうとしましたら、
新幹線を降りる際に用意された車椅子は改札を出るまでとのことで、
改札を出たところに在る観光案内所で改めて車椅子を借りてほしいとのことでした。

こうして、
観光案内所からJRバスの乗り場までの数十メートルを乗る車椅子を借りるために、
書類に書き込みをしてサインをして車椅子を借り、父に車椅子の乗り換えをさせ、
JRバスの乗り場に無事到着したというワケです。

JRのバリアフリーも結構なものですが、あと一歩といったところでしょうか。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2394-3e08337d
    この記事へのトラックバック


    最新記事